ビデオクリップ

自衛隊は東北では真の英雄だった。自衛隊員は軍隊のイメージとは違い、とても人間味がある集団だ。彼らは被災者が直面しているさまざまな問題に真剣に向き合った。例えば、石巻郊外雄勝半島の先端の避難所では、被災者のためにプラスティックを寄せ集めてお風呂を作った。長い間の体の汚れを落とせただけでなく、ゆっくりお風呂につかることにより心身的にリラックスし、前向きに生きようという希望をも与えた。自衛隊の映像をごらんください。

ボランティアの紹介: 自己資金で東北までご足労したボランティアが自己紹介します。

震災直後:石巻の方々が最初にボランティアを受ける体制を整えた活動を説明してくれます。

(need text here)