ストーリー:家族

Family362x203祖父母、母親、弟律くん(5歳)を冷たい津波に奪われた伊藤健人。悲嘆に暮れ、自らの命を断とうと悩み苦しんでいたある日、泥だらけの小さな青い鯉のぼりをがれきの中から見つけます。前の年、律くんと一緒に鯉のぼりを揚げたことを思い出し、律くんのためにも強く生きることを誓うのです。そして、子供の日にたくさんの鯉のぼりを揚げたいと考えるようになります。地元の和太鼓バンド、M’s Japan Orchestraの協力も得て、全国から200個以上の鯉のぼりが集まり、健人は弟律くんの姿を思い浮かべながら鯉のぼりを揚げます。

ストーリーに戻る

Advertisements